歯並びの問題を解消して、しっかりと食事を噛めるようにしよう

話題の歯科で適切な施術を受けよう

体の健康の為に

従来とは違う、矯正歯科の実情

矯正歯科の治療を拒む大きな理由に、矯正器具を装着しなければならないことがあります。矯正器具は目立ちますから、いくら治療後に綺麗な歯並びになるといっても、治療期間中に精神的な負担を強いられるのは嫌なものです。また、矯正器具の装着が好ましくないという職業もあることでしょう。ですから、矯正歯科の治療を拒む心情は理解できます。 ただ、現在は透明、あるいは歯と同色にして目立たないようになっている矯正器具があります。また、表側ではなく、裏側に装着するので、まったく見えない矯正器具もあります。ですから、矯正器具が目立つという理由で矯正歯科の治療を拒む必要はなくなっているのです。 但し、そういった矯正装置は、まだまだ一般的ではないのが現状です。しかし、患者の治療時の負担を軽くすることも歯科医療の使命ですから、今後、一般的になることが予想されます。

見た目だけの問題と考えるのは誤り

ただ、歯並びの良い悪いは見た目の問題なのだから、見た目にこだわらなければ矯正歯科の治療を受ける必要はないと考えている人もいることでしょう。しかし、その考え方は改めるべきです。悪い歯並びは、見た目以外にも問題となるのです。 歯並びが悪いということは、噛み合わせが悪いということでもあります。噛み合わせが悪ければ、しっかりと食べ物を噛み砕くことが困難となります。従って、食べ物は、ある程度のカタチを残したまま飲み込まれることとなります。そうなると、胃や腸等は必要以上に仕事をしなければならなくなる、つまり、負担を強いられます。その負担は、病気の原因となります。 このように歯並びが悪いことで、病気を患ってしまうこともあるのです。とても重大な病気である場合もあります。ですから、悪い歯並びは即刻、改善しなければならないのです。

Copyright© 2015 歯並びの問題を解消して、しっかりと食事を噛めるようにしよう All Rights Reserved.